ハワイで役立つ豆知識

Trivia of the Hawaii

日本での英語の勉強の仕方

PAK75_englishkucchi-20141206204016-thumb-815xauto-17950

ハワイに行くにあたって英語力はもちろん大切です。
旅行ではなく、仕事で行くのだという自覚を持って、日本にいるときから十分に英語力を蓄えておけば、現地に到着してからも即戦力として期待されるだけでなく、色々な機会に恵まれる可能性も広がることと思います。皆様どんなふうにして英語を勉強されているのでしょうか?カウンセラーとして様々な候補生を見てきましたが、やはり企業が雇用したいと感じる人材は英語力のある方の傾向があります。
そんな中でも、とても効率的な勉強を実践されていた候補生がいたので、その候補生の渡航までの英語勉強法をご紹介します。

まず、必要とされる英語はどのような英語なのか(ゴール)を明確にします。
もし、英語を頻繁に使用する企業が受け入れ先となった場合は、ビジネス英語にフォーカスする必要があります。
ビジネス英語の場合、重要なのは伝える力やコミュニケーション能力が必要な上、業界用語なども知っておく必要があります。重要な情報をお客様に伝えたり、間違いがないように正確な表現を知っておく為、ビジネスで活用できるフレーズや会話例を日ごろから練習して、実践で活用できる英語力を身に着けておくことが必須です。
ある程度の会話表現が身に着いたら、実際にその業界で使いそうな用語を交えて応用させた文章を積極的に声に出して練習できるようにしましょう。もし自分の会話力を実践できる機会があれば積極的に英語を話す機会を持つことも大変重要です。

受入先の企業で日本語の使用頻度の方が多い場合は、フォーカスするのは大使館での英語面接です。
この面接で重要視されるのは特にコミュニケーション力・発信力です。相手が何を言っているのか理解し、的を得た回答を自分の言葉で伝える必要があります。
普段からリスニングに力をいれてネイティブの発音に慣れておく必要があります。
また、自分の事について言えるようにしておきましょう。
ジョブズモードでは大使館の面接にレッスンを提供していますので、大使館面接に不安がある方は受けて頂く事をお勧めします。



毎日のパーソナルコーチングで確実に身につく英語力

JobsmodeがオススメするMike's Daily Englishは最新の英語学習プログラムです。英語コーチングのプロ、Mikeから直接英語の指導が毎日メールで受けられます。費用は月々たったの4,000円。渡航前に英語を身につけて充実したHAWAII LIFEを!