ハワイで役立つ豆知識

Trivia of the Hawaii

平均給与$1700での生活・やり繰り編

7

J-1でお給料をもらって生活をスタートしてみると、お給料が大変少ない事に気付かれる事かと思います。
J-1ビザでインターン生としてハワイで働いている以上、お給料に関しましても、インターンでは一定の額しかもらえないというのは仕事を始める際に必ず念頭においておかなくてはいけません。
ハワイは物価や家賃もかなり高い傾向になりますので、J-1の給料のみで生活しようとすると、日本と同じようか感覚で生活するとすぐにお金が尽きてしまします。
レストランなどで働いて賄がついたりチップが貰える場合などは、食費が浮く分少し余裕があるかもしれませんが、事務系などで働かれる場合は、多少はレストランよりはお給料は良いものの生活的には余裕はなくなってしまうかもしれません。
その他にも、節約する方法としては、住む家を一人暮らしではなく、ルームシェアにすることや、出来るだけ自炊するなど、皆様様々な工夫をされているようです。
現地に行かないと物価の間隔はなかなか身に着かない物ですが、ある程度の貯金を日本で蓄えてからハワイに渡航されるのが気持ち的にも一番安心な方法かもしれません。
ほかに良く聞かれるのは、どんな職業が比較的高賃金なのかや、どんなスキルがあったら有利なのかということです。
まず、J-1でハワイで働き始めた際に、申請の条件として自分が一番職歴を積んだ(5年間、例外有)業種にしかJ-1の申請は出来ませんので、選べる業種自体が今までの日本での経歴によって狭まってきます。
候補者様の申請可能な業種の中から、さらに絞り込むことになるのですが、まず念頭において頂きたいのはお給料に関係なく、自分が本当に好きな職種なのかどうかということです、その他にも、自分がJ-1終了後に就労ビザを希望するのか、又は日本に帰って来たいのかという点です。
長く働きたいのであれば、初めに高賃金の業種を優先するより、その仕事を自分が本当に好きかどうかで判断する方が、後々後悔しないからです。
就労ビザに切り替えた時に、自分の好きな職についていれば、その分、会社への貢献度やアピールできる点も多くなりますし何よりも、好きな事をしている時間は何物にも代えられないからです。



毎日のパーソナルコーチングで確実に身につく英語力

JobsmodeがオススメするMike's Daily Englishは最新の英語学習プログラムです。英語コーチングのプロ、Mikeから直接英語の指導が毎日メールで受けられます。費用は月々たったの4,000円。渡航前に英語を身につけて充実したHAWAII LIFEを!