ハワイで役立つ豆知識

Trivia of the Hawaii

どうやってビザ延長するのか?

4

J1でハワイに行かれ候補者様の半数以上の方が、J1終了後のビザの取得を視野に入れています。
J1はその為のスタートと考えていらっしゃる方が多いようです。それもそのはず、J1はビザを延長する前段階の大事なステップだからです。
候補者様にとっても企業様にとっても様々な利点があります。
先ずは候補者様の利点は何かと申しますと、J1の次のビザへの切り替え・更新をして滞在期間を延長するにはスポンサーとなってくれる企業が必要になって来ます。
その企業としてあなたの一番の候補となるのはJ1で研修した研修先になります。
1年もしくは1年半既に働いている職場環境なので、新しい職場で緊張する事もなく今までどうりの感覚で働くことが出来ますし、一緒に勤務している人たちとのコミュニケーションも研修期間が終わったころには砕けていることかと思います。
日本にはない環境で働くことでハワイで自分の思い通りの実力を発揮して頂ける大事な期間です。
では企業様にとっての利点は何かというと、当然企業様は利益を上げて経営しているので、有能な人材に長く勤務して欲しいと思うのが当然です。
求人情報をサイトに掲載する際にJ1終了後のビザの考慮をされている企業様ではJ1で候補生を受け入れた後に、J1ビザで候補者様が勤務されている期間でその人材が本当に企業にとって利益のある人材なのかどうかを見極める期間が設けられる訳です。
その為、J1終了後のビザの延長を希望される候補者様には一番初めの企業選びから慎重に行って頂かなくてはいけません。
J1のビザの期間働いたのはいいけれども同企業ではもう働きたくない、、となってしまった場合には、また一から企業探し→企業での就業→次のビザの考慮を検討してもらう、など長い時間が掛るためです。
企業にとっても、J1の期間、業務に不向きな人材を雇用しなくてはいけないのは大きな負担になってしまします。
ビザの延長を考えるのなら、どこでもいいから延長考慮のある就業先を探すのではなく、本当に自分の能力が発揮できる、働きたいと思える企業を探すことが一番の近道です。そうすることで、企業様の目にもきっとそれは伝わるはずです。



毎日のパーソナルコーチングで確実に身につく英語力

JobsmodeがオススメするMike's Daily Englishは最新の英語学習プログラムです。英語コーチングのプロ、Mikeから直接英語の指導が毎日メールで受けられます。費用は月々たったの4,000円。渡航前に英語を身につけて充実したHAWAII LIFEを!